がんの転移を治療するなら名医に相談しよう

医者

喫煙者は要注意

男の人

がんの傾向と種類

肺がんは気管や気管支、肺胞の細胞が変異してがん化したものです。進行するにつれて周りの組織をむしばみながら増殖し、血液にのって広がっていきます。肺がんの要因として喫煙があります。喫煙者は吸わない人に比べて発病率が高くなっています。また、男性が女性に比べて3倍多くなっています。肺がんには大きく分けて2つの種類があります。一つ目は小細胞肺がんです。喫煙の因果関係が指摘され、進行が早く色々な臓器に移転しやすいとされています。抗がん剤や放射線治療が比較的有効とされています。二つ目は非小細胞肺がんです。腺がんや扁平上皮がん、大細胞がんなどがあります。腺がんは日本で最も発生頻度が高くなっています。扁平上皮がんは肺がん全体のうち男性の40%、女性の15%を占めています。大細胞がんは全体の5%ほどの患者数です。

治療法

肺がんの治療法は、がんの種類やがんの発生場所などによって異なります。非小細胞肺がんの大細胞がんは外科療法で取り除くのが一般的ですが、小細胞肺がんの場合は治療法が主に4種類あります。一つ目は外科療法です。早期がんの場合に多く行われ、その進行度や発病部位によって切除法が違います。二つ目は放射線療法です。放射線を体の外から放射し、ガン細胞を死滅させるもので、脳に転移するのを防ぐために予防的全脳照射が行われることもあります。三つめは化学療法です。抗がん剤を使う治療法で2つの薬剤を使うのが一般的ですが、病状によっては1種類の場合もあります。四つ目は分子標的療法です。がんの増殖にかかわる分子を標的にして作られた薬剤を使用して行う治療法です。対象は手術が不可能な場合や再発した場合に限られています。この治療法はひどい副作用が起きる場合があり、死亡することもあります。