がんの転移を治療するなら名医に相談しよう

医者

免疫力でがんを撃退する

医者

新しいタイプの治療法

近年、新しいタイプのがん治療として話題になっているものに、免疫細胞療法があります。免疫細胞療法は、人体にもともと備わっている自然治癒力を強化することで、がん細胞を排除することを目指した治療法です。人間の体内には、がん化したりウイルスに感染したりした異常な細胞を攻撃し、無害化する免疫細胞という細胞群が分布しています。この免疫細胞の活性を高め、身体自らががんに打ち克つよう仕向けるのが免疫細胞療法です。免疫細胞療法は開発されてからまだ歴史も浅く、その効果について完全に検証しきれていないという点には注意が必要です。ただしすでに実用段階にあり、各所において実績を上げ始めています。放射線治療などの他のがん治療とも併用できることから、相乗効果についても報告されています。

入院の必要はなし

免疫細胞療法には使われる細胞の種類によっていくつかのタイプがありますが、そのうち効率性の高さに定評があるのが樹状細胞療法です。樹状細胞は、数ある免疫細胞の中で司令塔のような役割を果たしている細胞です。がん細胞を見つけるとこれを攻撃目標として認識し、他の免疫細胞にその情報を伝達します。するとT細胞などの免疫細胞が、がんを攻撃し始めるのです。樹状細胞療法では、患者自身から採取した樹状細胞に対し人工的にがんの目印をつけ、再び体内に戻します。すると免疫細胞群は教え込まれたがんを集中的に攻撃するようになります。つまり樹状細胞療法の成果によって効率的にがん細胞を排除することができるようになるのです。樹状細胞療法は基本的に採血とワクチンの投与という2段階の治療によって成り立っています。そのため入院の必要がなく、生活の制限が少ないというメリットがあります。